トピックス

昨日は、学会に参加。本業の勉強の為はもちろんなのだが、スポーツ現場との密着度と大いに関係。スポーツ選手に多い障害の一つに、「腰椎分離症」。確定診断の為によく用いられる検査手段が、レントゲンとCT。そして、MRIが。
前者の二つはX線による被爆量は、相当なもの。特に最新のCTは三次元の画像処理を可能にし、スポーツ選手、即ち素人にも理解しやすいが被爆量は相当なものである事が、先進国では常識に。
次はアキレス腱の切断。今では手術が主流だが、世界の流れは手術よりも保存療法。そして再切断の発症率もほぼ違いが無いことが、国外から伝わってきている医学も日進月歩。変える或いは変わる勇気はどの業界も一緒。

[PR]

# by kiwatinker | 2017-10-02 05:00 | 一粒百行

論文発表

 9月の週末はバレーボール漬けだったが、10月一週目は本業に精。6年に一回担当する近畿学術ブロック大会で論文発表することに。昨年に引き続き、通算6回目。
 論文の中身はもちろんバレーボールにも通じる「巧みさ」について。10年間温めていた研究・実践をまとめ上げ、今回の発表に。
 プレ・ゴールデンエイジ、ゴールデンエイジはもちろん、中学生にまでも適用、全てのスポ-ツに相通じる発達トレーニングの一種。そして高齢者の介護予防にも応用可能。大がかりなトレーニングの用具も使わず、それでいて自らのからだを出来る限り自由に操る目的に。
 されど発表時間は7分間。分かる人には分かってもらえそうだが、興味のない人はスルー。興味のあるなしで、発表を聞くか否か。それが学会とも。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-10-01 05:00 | 一粒百行

審判

 学生バレーボールの場合、余程大きな大会でない限り、ほとんどが相互審判。主審・副審・線審そして記録員と、日頃の練習以外にもしっかり身につけなければならないことが。
 昨日の登録数、小学生から中学生に進学してバレー部に所属した場合、女子に限れば約2.3倍強の増加。全国で約90,000人が中学校からバレーボールを始める選手達。その上、顧問がバレーボール専門外の場合、敗者審判がままならないことも。小・中学生のルールはもちろん、コートの大きさ、ネットの高さの違いもあるが、やはり小学生での経験者は審判としての戦力に。初心者顧問が選手達に質問して確認している光景も。
 特に4~5月頃は顧問の入れ替わりに新入生入学と、何かと浮足気味の大会には競技自体に支障がでることも。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-30 05:00 | 一粒百行

登録数

 今年度、日本小学生バレーボール連盟に登録されている人数は、男子:28,835人、女子:65,211人の計94,046人に。5年前の計76,089人に比べて男子の増加は、アニメ“ハイキュー”の影響と、男女混合の部チーム数増加が。ただし、団数(チーム数)に限れば、女子は5年前は4,994団だったが、今年度は4,534団に。
 そんな小学生選手達が中学校に進み、中体連バレーボール部に登録となると、5年前は男子:50,639人から今年度は56,692人に。小学生がそのまま推移。女子は反対に、161,427人から154,844人へと。女子バレー部がある学校数になると、5年前の8,409校から7,974校に、こちらも減。中学校入学後、バレーボールを始める選手が圧倒的に多くなるのが数字から読み取れるが、一方、一度部員が減り始めたり、中学校の統廃合の影響だろうか、バレー部のある中学校も減少の一途。
 一方、ヤングバレーの登録数はU-19・U-14を合わせて5年前は3,400人だったが、今年度は6,613人へ。
 こんな数字からでも、部活の在り方に変化が現れ始めていることに。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-29 05:00 | 一粒百行

秋へ

 昨日から降り始めた雨が、残暑から秋への分水嶺のよう。朝夕の冷え込みも強くなり始め、真夏日もめっきり少なくなると。
 暑い!暑いと言われた夏も確実に前に進み、実りの秋へ。まさに自然界のめぐりへ。毎年待ちわびている“サクラ”も、今は茶色に色づき始め落葉していくが、気に留める人たちも少なく。しかし秋冬を越え、次の次の季節に向けて、すでに準備中。
 熱し過ぎず、冷め過ぎず、されど静かなエネルギーを脈々と。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-28 05:00 | 一粒百行

上には上が...

 中学女子で平均身長が170cm台の大型選手が揃ったクラブ。身長180cmの女子選手、高さと角度を持つパワフルなスパイク、スピード感たっぷりのコンビバレー。どこから飛んできたかと思う忍者のようなリベロ。大海を知る経験。
 次は中高とも定期試験期。勉学に励む学生達は、後者とは違う別の空間にて、異次元の集中力を持って志望校を目指す。ここにも上には上の実力の持ち主が。
 大海を見て、上には上が居ることを知って、さあどうする?結果は伴わなくても、誰もが挑戦する機会は一緒。それが“努力”。プロセスをどう感じるか?それを楽しめる?!
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-27 05:00 | 一粒百行

思いを馳せる

 先週末は大相撲でも大逆転劇。11日目終了時点で絶対優位だったはずだが、これがプレッシャーか?千秋楽まで連敗し、決定戦でも敗れ、まさかまさかの幕切れ。大阪出身力士として気になる存在だったが、2度目の賜杯を逃してしまうことに。
 一方、フィギュアスケートSPでは世界最高得点を記録した羽生結弦選手。フリーでは精彩を欠き、得意のジャンプもことごとく失敗した模様。本人も言い訳なしの、次回をにらむ。
 てっぺんの時のマスコミの扱いはすごいものだが、忘れかけていることに“思いを馳せる”必要かも。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-26 05:00 | 一粒百行

記憶

 U-14・U-19男女108クラブが勢揃い。壮観な開会式。
f0097677_9591360.jpg


 前線基地。保護者とのコミュニケーションや試合後はひと息つける場所。
f0097677_10455990.jpg


 選手達も試合前の腹ごしらえ。前線基地前にて。
f0097677_10463183.jpg


 右下はOGご両親の寄贈による横断幕。左上は小学生も混じっての約50名の応援団。
f0097677_10492989.jpg


 最後は姉妹クラブのウェンディとティンカーベルズ。大阪府立体育館前にて。
f0097677_10542963.jpg


 残念ながら連敗の“記録”は更新しているが、今年も胸熱くする記憶はそれぞれの選手に、保護者に残ることに。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-25 10:55 | 一粒百行

代表者会議

 昨夜は午後7時から代表者会議に家内が出席。5月頃よりエントリー準備を始め、日々の練習はもちろん裏方の準備も着々と進み、最終の会議に。
 そして本日、早朝に集い会場へ。U-14男女・U-19男女の計108チームが揃う開会式は壮観。
 先ずは初日の2試合、舞い上がりアドレナリン噴出はしかたなしか(笑)
[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-23 05:00 | 一粒百行

壮行会

 毎週木曜日の夜間練習は、2面のコートにティンカーベルズとウェンディが練習。いよいよ今秋末に迫った全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会にウェンディが出場するため、ささやかな壮行会を。もちろんティンカーベルズの選手達と保護者も多数加わり、総勢約40人に。小学校・中学校の校区を越え、地域のバレーボール大好き小中学生が集うことに。
 結果はともかく、半年、小中一緒に行ってきた練習のプロセスを大事にしながら、週末は一丸となって!!
f0097677_1158302.jpg

[PR]

# by kiwatinker | 2017-09-22 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line