ビタミンB群

 梅雨も明ければ本格的な夏の到来。激しい練習を続けている選手だけでなく、働き盛り世代にとっても夏の暑さに弱い人は結構多い様子。疲れやすい、寝ても疲れがとれない、日中眠くなる、肩こりが続くときなど、ビタミンB群不足の可能性も。
 B群と言われる通り、8種類、10種類はあるのではと。ビタミンB1の1種類だけでなく、8~10種を一度に食する必要性が。豚肉・カツオ・ピーナッツ・マグロ・牛レバー・鶏レバー・枝豆、これらを一度に食して初めてB群のほぼ全てをカバーできるが、なかなか難しいのも現実。その上、水溶性のために発汗などから体外にも排出されやすい。
 夏バテを防ぎ、暑い夏を乗り切る準備を怠らずに。気をつけたい。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-11 05:00 | 一粒百行

波乱

大相撲名古屋場所が始まった。初日、2横綱3大関が破れる波乱含みのスタート。一年で最も暑い夏場所ゆえ、正に心技体の充実が必要に。体型による多量の汗や、睡眠不足などコンディション維持が難しいはず。その上に黒星先行になれば、相当精神状態も異常に。そんな中でも、15日間白星の際に取り組み相手に対してリスペクトできるか否か。負けた時はなおさら。敗者のインタビューでも、技術や戦術についてのコメントが多いが、黒星の時こその土俵上で、支度部屋での言動に注目してみたい。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-10 05:00

怪我

 自然体バレーは「ケガをさせない」からだづくりが大きな柱のひとつ。そのために様々なトレーニングや、今まで多く開発されてきたダンスも技術に直結する一方、バランスの良いからだづくりを狙っての一石二鳥、いや一石三鳥にも及ぶ理論がバックボーンに。そのためには身体のメカニズムを指導者がしっかり知識として頭に入れておく必要が。
 タイトルの「怪我」。あえて漢字で示した理由は、“我が怪しい”と読めるため。自然体バレーに取り組んで15年。されど選手達にとって致命的になるような「怪我」は皆無。自然体もどきでは、ほんとに我が怪しく「怪我」につながっていく。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-09 05:00 | 一粒百行

生活支援協議体

 新潟・島根そして九州北部の豪雨災害地域の方々へ、お見舞い申し上げます。
 「線状降水帯」など、あまり今まで聞き慣れなかった専門用語まで誕生。地形的な類似性もあるようで、やはり山間部の村や集落が被災することに。今回も多数の方々が避難生活を余儀なくされ、こんな時こそ隣近所・地域の協力や助け合いが必要に。
 我が街でも介護的な問題を筆頭に、近未来に起こるであろう大地震における自助。共助関係や、地域での子育てをも含めた「生活支援協議体」を構築しようと、今日の午後、フォーラムが開催。
あまりに地域問題が大きいため、スポーツとかけ離れていると感じ入るスポーツや文化関係も多いだろうが、決してそうではない。体育館の玄関に足を入れ、練習に通ってくれる選手達は大いに恵まれてもおり、そんな選手達を幸せにするための方法がライン研修でありバレー塾。しかしながら様々な見えにくい理由で、体育館まで来たくても来れない選手達がいるのも事実。そんな子ども達の環境改善をも視野に入れながら。
f0097677_1792973.jpg

[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-08 05:00 | 一粒百行

ウェンディ

 中学女子のクラブチーム。4月初旬の時点では6人が揃っておらず、練習も間々ならぬ状態に。されど中学校でも部活動を行っている生徒に、そして新一年生にも勧誘し、9人が揃った。橋本市内の3校の中学校から、そして奈良県からもひとりの選手が集い、いよいよ本格的な練習に。
 9月の全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会には6年連続で出場も確定。今年から始まった近畿バレーボール連盟による近畿U-14のブロック大会にも8月には出場の予定。事務的なエントリー作業も着々と進み、体育館での夜間練習も週に2回に。そして夏休みに入れば、土曜も加わり3回程度の練習が可能に。
 中学校からバレーボールを始めた2人の選手も、瞳をキラキラ輝かせながら練習に取り組む姿勢が、新しい刺激にも。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-07 05:00 | 一粒百行

開催判断

 台風が通過していった夜間に、会議とチアリーディング教室の予定が。午後から警報が発令されたために、早々に中止の連絡。されど実際の開催時間には雨はあがる状況。なかなか開催判断は困難なことも。
 今後も週末はもちろん、夏休みを目前にして大小のイベント、スポーツだけに限らず、文化的な活動の開催判断も、基準をしっかり把握しておく必要が。自然災害は当然、感染症・食中毒、そして“ヒアリ”までと。笑うに笑えない、想定外の開催判断を鈍らす原因に。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-06 05:00 | 一粒百行

台風

 台風といえば、夏の終わり頃日本列島に近づき、台風一過と言われ夏の空気から徐々に秋の空気に入れ替わり、青い秋空が…定番とまで言わずとも、秋の入り口の自然現象だったはず。
 ところが昨日は、梅雨の真っ最中に日本を横断して行った台風3号。昨日の1時30分頃から雨が降り始め5時頃には九州、四国そして紀伊半島へと再々上陸。約1時間は集中豪雨。
 まだまだ夏の序章。梅雨明けもしていない今夏。想定外の天候を想定するべきか。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-05 05:00 | 一粒百行

下腹部痛

 「おなかイタイ!」と訴えられれば、食べ過ぎ?冷たいものの飲みすぎ?を疑うのでは?夜中に立てないぐらいの下腹部痛の場合は、盲腸?ではと。
 土曜日の深夜、長娘から末娘の具合が悪いとの連絡。急遽、帰路を車で飛ばし病院へ。諸検査の結果、思春期及び成長期の女子に多い卵巣の炎症と診断。排卵期に時折起こるとの説明。夜中の鎮痛剤の点滴で症状は回復。
 小学校の高学年女子ともなると、体格はもちろん、体内の成長の急激に変化。時折、「おなかいたい!」と訴えられ、体育館の隅で休憩させることもあるが、数%でも起こる可能性のある下腹部痛。少し知っておけば、皆が安心できる知識のひとつ。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-04 05:00 | 一粒百行

青少年の家

 今回の遠征の宿泊を潮岬青少年の家に。同じく総合型地域スポーツクラブを運営される事務局長は和歌山県の総合型地域スポーツクラブの副会長。日頃から会議でお会いする事も多く事もおおく、今回の予約に。子供達が協力しあって、食事の準備や寝具にシートを被せて、後かたずけまで。五分前行動は常で、自宅でのワガママ姿とは打って変わってキビキビ動く我が子に、保護者も目を細める。
座敷に部屋に戻り、車座になっての大人の二次会も、凄いスピードで空きカンが増えるなごやかさ。
夜中に想定外のアクシデントが起こり、小生と家内は緊急帰宅となったが、日曜日も青少年内プールで楽しみ良い思い出に。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-03 09:24 | 一粒百行

早朝出発

 今朝は午前4時、京奈和道路橋本IC横のコンビニ前に集合、出発。行き先は和歌山県の南端まで、車で約4時間。同じ県内とは思えないほどの遠路。スポ少県大会出場のために。これでも一昨年のわかやま国体のインフラ整備のために、橋本から会場までほぼ高速道路でつながり、信号待ちなしになったため。
 陸の孤島と揶揄されることも多い和歌山県だが、かなり改善はされてきた。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-07-01 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line