<   2016年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧


外部指導者

ゴールデンウィーク中、ティンカーベルズ・ウェンディも基本的には練習は行うが、もちろん他の教室も開催。NPO法人げんき倶楽部はしもとでは、倶楽部内のスタッフ以外に外部からお越し頂く指導者による3教室が存在。ヒップホップ系ダンス、チアリーディングそして一輪車。全く違う3種類の種目の指導をライブで見られる事に。3人の指導者とも当倶楽部以外にも近隣府県で指導者として活躍されており、もちろん小学生から一般に至るまで指導のカテゴリーも広い。ヒップホップ系ダンスは、終始姿見の鏡に映る女性指導者自らと、鏡に映る子供達の動きをチェックしながら。そして常に笑顔。BGMに合して部分練習から通し練習へ。チアリーディングも同じく女性指導者。逆立ちやスクワットの基礎トレーニング系もたっぷり。組体操よろしくアクロバティックな動きも多く、転落 ケガ防止の為、緊張感もすさまじい。一輪車は男性指導者。模範演技を見せつつワンポイントアドバイスが多い為、練習会場は割合に静か。子供たちが演技を失敗したときの一輪車の転倒音が、緊張感の中に響きわたる。種目特有な指導スタイルも多く、なるほどと感じいる事も少なくない。視野を広げる良い機会。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-30 05:00 | 一粒百行

ゴールデンウイーク

 今日からスタートするゴールデンウイーク。今年は日並びが良いのか?悪いのか?カレンダー通りに仕事する者としては5月上旬の3連休が最長でその前後の土日となるが、大手企業など休暇もうまく利用すれば、9連休や10連休も。スポーツ界でもゴールデンウイークは小学生から一般、トップアスリートはもちろん、生涯スポーツに至るまで草の根大会から国内最大級の大会が目白押し。高校生の末娘も5月下旬から始まる高校総体予選に向けて強化合宿。他の競技種目も似たりよったりか。気になる天気だが、最高気温も乱高下?雨量も例年以上だとか。外出するもよし、じっくり読書や学びの機会もよし。どちらにしても充電・充実・健やかに。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-29 05:00 | 一粒百行

世間の納得

大手自動車会社が燃費不正報告で世間の納得を得られていない。ただ裏を返せば、それだけ企業間の燃費競争の激しい争いがあったものと。生き残りをかけて企業は必死で相手を研究し、自社の商品の精度を上げる事に血なまこ。不正報告は許されないだろうが、勝利至上主義の為なら暴力暴言、密室練習と何でもありの心理の深層構造と同じでは。正しい王道のルールを歩みながら、革新的技術開発と、試合における対応策も全く同じか。どちらも、何年たっても低迷から抜けられない組織。周囲からは、規模戦力と、羨望の眼差しながらも足元すくわれる事もしばし。売上げや勝敗は時の運の影響もあるだろうが、正しいプロセスにそった業績の向上、または練習の充実度は、身内だけの納得だけでなく、周囲からの透明度が高ければ高いほど、世間は納得。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-28 05:00 | 一粒百行

童心

子供たちの鬼ごっこが終了し、進行役から「お父さんお母さんも一度体験しませんか?」と二階のスタンドに向かっての呼び掛け。勢い良く手を上げて下さったのがチラホラの3〜4人の方々。「下のアリーナ」までどうぞ」と案内すると、降りてくる、降りてくるお父さんお母さんたち。小学校の運動会でPTAの綱引きのプログラム、なかなか保護者の集まりが悪いが、直前に場内アナウンスすると続々集まり出すのと同じ現象(笑)初めは遠慮や気恥ずかしさが優位になるが、誰彼となく誘い合えば、怖くない?(笑)アリーナに現れた約20人のお父さんお母さん。7〜8人程度のスタッフ対20人の対抗戦。やはり数の論理には勝てず、お父さんお母さんチームの圧勝(笑)今回は、「花を持たせた!」とスタッフ側の負け惜しみも聞こえて来た(笑)これだけ盛り上がれば来年は親子大会の声も。身体を動かす楽しさ、日々の忙しさにかまけがちだが、だれもが持っている童心の気持ち。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-27 05:00 | 一粒百行

差し入れ

 「鬼ごっこ大会」の参加賞はスナック菓子。実は、知人の女性がお孫さんに鬼ごっこ大会を誘ってみたところ、女性は乗り気だったがお孫さんは、先着の用事が入っており断念。お孫さんよりおばあちゃんにあたる女性はがっくり。そんな折り「孫は出れへんけど、参加の子どもさんにこれあげて!」とたくさんのスナック菓子の差し入れ。そんな理由で急遽、子どもにとってワクワク感一杯の参加賞に。もちろん参加してくれた子どもたちや、保護者の方々にとっては主催者側からの小さなプレゼントとなりうるが、どんないきさつがあったかなど皆無のはず。女性にとっては決して名前が表だって出るわけでもなく、齢重ねて世間が分かっての陰得の差し入れを下さった。こんな裏方のそのまた裏方に支えられてのイベント。スナック菓子を頬張って、笑顔一杯の子どもたちの表情を女性に伝えさせて頂く。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-25 15:10

テレビ中継

日曜日の午後から夕方は、地上波各局ともにスポーツ中継が目白押し。プロ野球、ゴルフ、そして競馬はレギュラー放送。昨日は、フィギュアスケートチームチャレンジカップなる初大会のライブと。季節によっては大相撲、高校野球中継もあり、スポーツお宅を満喫することも。そんなあらゆるスポーツの身のこなしの巧みさは必要。小さい頃からどのような動きを体験しておくかは、何度も記してきたが、脊柱をS字状にグネグネさせたり、ストップ&ゴーに必要な脚力や、足の母子球によるピボット、サイドステップに、切り返し動作など、そんな動きが凝縮されているのが鬼ごっこ。子供達にとっては、ゲームを重ねて疲れ切っていても、高い集中力と運動量に改めて驚き、身体を動かす楽しさと身体能力が一石二鳥で向上。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-25 05:00 | 一粒百行

小さい頃から

本日、NPO法人 げんき倶楽部はしもと主催によるイベントの開催。午前中は「赤ちゃん運動会」午後から「鬼ごっこ大会」の二本立て。「赤ちゃん運動会」はハイハイし始めた赤ちゃんから3歳頃までの乳児が対象。もちろんお母さんお父さんも一緒に。「鬼ごっこ大会」は昔ながらの鬼ごっこから、県内初のスポーツ鬼ごっこまで。どちらスポーツの原点。例え、将来トップアスリートにならなくとも、運動好きな少年少女に育ってほしいと願いを込めて。成人になっても運動好きは、メタボ予防やロコモを防ぐ事に繋がっていく事に。小さい頃からの運動習慣が、大事との啓蒙活動。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-24 06:59 | 一粒百行

総会

 この時期ぐらいから5月にかけて多くなるのが、各団体の総会。
市内の小中学校も授業参観とセットになってPTA総会は慣例。小生も今日は、県小学生バレーボール連盟の総会の為に海南市へ。日小連からの連絡事項も含め、事業や収支の報告と新年度案が議題上へ。よくよく総会への出席は面倒なことも事実。PTAなどは役員以外のPは、パラパラの出席でほとんどが委任状も珍しくないのでは。されど総会の準備する側は相当の労力。本日の総会も総務担当者がたくさんの資料を揃えての事前準備は大変。
 5月に入れば社会教育、社会体育、地域町内会等々の総会月間と呼べるほど。出来る限りの参加で、資料作りを参考にしたり、想定外の事例報告で「なるほど!」とうなづき、別の団体への事業として「頂き!」とほくそ笑むことも(笑) 確かに堅苦しい雰囲気や紛糾することもなくはないが、またそれも社会勉強。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-23 05:00 | 一粒百行

登録

 新年度から入会してくれた選手達を日本バレーボール協会へのWEB登録が順調に。先ずはチーム登録を行い個人登録。ウェンディ登録選手は各中学校でのバレー部所属としても登録される選手も多い。
 そして今年度よりJVAとは別の登録、スポーツ少年団登録もWEB登録へ。今までは書類に選手名を記し市町村の教育委員会に提出していたが、今年からネットを利用しての効率化へ。
 資格もンッ体協のバレーボール指導員とスポ少認定員とは別の資格でもあり、小学生バレーボールのスポ少大会もベンチ役員3名の場合、スポ少認定員が必ず2人以上に。よって昨年よりスポ少認定員講習会への駆け込み受講も多い。
 年度変わり、コート外の事務作業最盛期。登録へのうっかりミスは選手達の大会出場への成否にも関わること。登録期限も徹底されており、早急にかつ慎重に登録。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-22 05:00 | 一粒百行

ライフライン

 連日、被災地からの報道が入ってくる。先の東北大震災、それ以前の阪神淡路大震災でも災害直後に踏ん張って下さるのが消防、警察、そして昨今は自衛隊の方々。次に続くのが医療関係者。一両日中にフル稼働し始めるのが、道路・水道・電気等々のライフラインを仮復旧させる為に昼夜を惜しまず、骨折って下さる作業現場の方々。資材・食材を不眠不休で運搬されるドライバーの皆さん。まだまだ屎尿やごみ関係に携わって下さる方々などなど、平穏な時は日常生活の縁の下の力持ちに徹し、若者の就職先としては決して人気があると言えない”3K”の職種だろう。
 今後各家庭の復旧には、より多くの建設関係者が必要なことは明らか。衣食住が安定してこそ教育・スポーツ関係者の出番があるだろうが今少し先に。
 昭和の頃のような作業用ショベル・スコップ・運搬用一輪車、バケツリレーの体験も子どもから大人まで経験しておくべきかも。平穏な時なら考え方次第で立派なトレーニングに。
[PR]

by kiwatinker | 2016-04-21 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line