<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


口実

日曜日の朝、末娘が部屋から出て来ず呼びかけに部屋へ。「今日はえぇねん!」と寝ぼけ眼で。
すわっ!何かの口実で、部活の練習をズル休みかと。(笑)何のこっちゃない、今日から始まる学年末テスト前の貴重な休み。土曜の夜にハッキリとした理由を語らずに、つかの間の開放感によって近隣に住む従姉妹宅へ出かけた為に。こちらは、例えテスト前でも休みなど無かったほぼ1年間、ズル休みではなく、しっかり勉強しておくれ!
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-29 05:00 | 一粒百行

評価

 昨日の体力テストの種目は立ち幅とび、上体起こし、腕立伏臥腕屈伸、時間往復走、そして5分間走と男女で少しの方法は違うがどちらも5種目。結果の数値を日本体育協会のHPからスポーツ少年団の項目に入り、体力測定にたどり着き、全国平均値と見比べることもできる。例え結果が低くとも小学生の発育、発達期である為、特別なトレーニングを持って強化などせず、スポーツや遊びを通じて体力は向上へ。されど年代別に測定値の大きな伸びの時はむしろケガの確率も高くなり、ウォーミングアップやクールダウンをより重要視しなければならないことも。
 体格の大小、技術の優劣に興味はつきないが、体力あってこその体格であり体力の上に技術が乗って来ると再確認。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-28 05:00 | 一粒百行

体力テスト

 「運動適正テスト」とも呼ばれスポーツ少年団に加盟する団は参加しなければならない必須科目のひとつ。今日の午前中、市内のスポーツ少年団に加盟するいろいろな競技の団が集まっての体力テスト。されど競技志向に向いてしまう団も少なくなく、試合や練習の為に欠席の団も目立つ。
 体力テストに参加するか、しないかは団員、すなわち選手の意向ではなくほとんどが大人。すなわち指導者の考え方ひとつによるものだと推測する為、なかなかスポーツ少年団の理念など広がらず深まらず。また知ろうともしないのではと思うほど。
 日頃からのスポーツに親しんでいる小学生達が、50年近くにわたり毎年の体力テストのデータが保存されていることも世界中でも類を見ないらしく貴重な資料に。小学校内で行われる体力テストとの比較も興味を引く。
 現時点での技術は今ひとつでも体力テストの数値が良く、非常にポテンシャルが髙い、可能性を秘めた子どもたちもあらゆる競技に存在。金の卵はあちらこちらに。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-27 05:00 | 一粒百行

流動性知力と結晶性知力

 問題です。下記のカタカナを組み合わせていくつ県名が出来るか?
同じ文字を何回使ってもよい。

イ・オ・カ・ガ・キ・ギ・ク・シ
タ・チ・ト・ナ・フ・マ・ヤ・ワ


 とある教授によると、小学生が白地図に日本地図の勉強を行っている頃だと2~3分で回答できるらしい。ところが大学生に同じ問題をだすとなかなか答えられないと。10個前後までは思いつくがその後が続かないとのこと。これが流動性知力。関心の薄いことは流れ出す。ところが80代の老人が2~3分で正解する方に出会ったそうな。実はこの方、写真が趣味で特に全国のローカル線の駅を撮ることが多いらしく、全国中を旅するそうな。人生を通して知力が結晶してきた賜物だと。
 勉強や学びの本質が見える。さて上記の問題、答えは17個。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-26 05:00 | 一粒百行

申請期限

 2007年から連続して開催されていた、バトミントンの国際大会が今年は中止になったとの報道。理由は今年に限り申請期限が前倒しされており、日本協会がその連絡を見落としてのうっかりミスだとか。毎年開催されているのだから世界連盟も、今年はどうですか?の”伺い”の連絡があってもよさそうだが、どうやらそこは日本人の人情の模様。”連絡した””申し込みがなかった””申請期限が過ぎている”とドライな論理で開催中止へ。

 県南公立高校の願書提出がなされ新聞紙上にその倍率が公開され、受験生はもちろん関係者も多分一喜一憂では。
 これらの公式な申請期限は〆切ジャスト時刻で終了・”うっかり、少しぐらい、勘違い”などなど全て認めてはくれない。
 これこそまさに社会教育。オフィシャルルール。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-25 05:00 | 一粒百行

広告

この時期、新聞折り込みの広告で多くなるのが学習塾の生徒募集。大手予備校はもちろん、地域密着型学習塾や個人経営の家庭教師的な塾までいろいろ。3月にもなれば、いよいよ旧国公立大学や高校入試が始まる。高校中学校に負けず劣らず、学習時期も最後の追い込みで、夜遅くまで学習塾のある建物はあかりが灯っている。志望校に合格するために最大のサポートを行っているのは、学校も学習塾も、ほぼほぼ同じだろうが、一方では既に4月以降の塾の運営、経営面へのアクションが伝わってくる。
広告をじっくり眺めていると、生徒や保護者の気持ちを掴むようなキャッチーなコピーもおもしろい。親心をくすぐる、財布に優しい制度も担保されており、気持ちが揺らぐに違いなし。
入学式を終えて、部活に訪れてくれる新入生の少なさに現実のため息つくより、折り込み広告の中に少なからずヒントが。総合型クラブ、広告参考に3月早々会員募集に乗りだそうか。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-24 05:00 | 一粒百行

発表

 生涯学習と言われて久しい。個人的にもそれぞれの業界でも常に新しいモノ・コトを知り、勉強することの重要性。街の文化センターや地域の公民館でも、中高年の受講生は年々増加の傾向だとか。脳を使って、そして身体も動かせば認知症の予防にもつながることで、今まで知らなかったことを知る喜びや、よりディープな講義内容は興味が尽きなく楽しいもの。知識として自ら知る喜び、また伝えていく楽しさもあるが、右から左への受け売りでは説得力も今ひとつ。
 身を持って体験しながら調べて研究して発表する、数十倍もの時間と奥深さが必要に。
 昨日の学術研究会に5年連続、2本の論文を発表。それなりに業界では一目置かれる事に。
 そんな積み重ねあってこそ「誰が言ったか・・」の際には認めてもらえようか。それぞれの専門分野で大人に向けて発表・・・最も身につく生涯学習。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-23 05:00 | 一粒百行

三寒四温

 この時期、徐々に春めいて行く気候を指して三寒四温はよく使われる。本当に三日間寒くて四日間暖かいのか?そんな疑問を、過去30年間に遡り調べたのがNHKの気象予報士。結論を先に述べると、30年間で三寒四温は、たったの5回しかなく、概ね5年に一度とのこと。やはり一寒一温がダントツで多いとの事。何やら世間の常識のように使われり、思っていたことが、本当は事実ではない事も多いはず。ウエザーニュースを見ながら、予想ではなく、本当の勉強の仕方を伝えてもらった。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-22 08:13 | 一粒百行

広背筋

 長年暖め置いて研究していた広背筋について論文を作成し、本日第36回学術研究発表会にて舞台上へ。
 体幹部についてスポーツ選手から一般、高齢者に至るまで障害者、ウォーミングアップそして筋力増強の応用可能。

f0097677_9512050.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2016-02-21 05:00 | 一粒百行

「ガンバります!!」

 プロ野球のキャンプも後半に突入。Jリーグは今月27日より早くも開幕の為に最終調整。いよいよ国内のプロスポーツの動きから春の近しを感じ始める季節。
 昨年は「トリプルスリー」が流行語になるなど、一流のプロ選手は走・攻・守、全てにおいてハイレベル。若手選手達もベンチ入りを目指すためには自分自身のウィークポイントを、せめて平均点まで引き上げないことには、セールスポイントもかすんでしまう。
 アスリート達の「ガンバります!!」は弱点を克服しつつ、さらに得意な技術の高みを目指す意味で使っていると推測。
 どうしても好きなモノゴトや、興味が大きい事には「ガンバります!!」と使い勝手の良い語彙代表だが、苦手なことに肝入りで「ガンバります!!」とは言いにくいのが人情。
 されどチームを引っ張る中心選手やリーダーなら少なくともネガティブな発言はしないだろう。苦になりながらも陰で努力するからこそ「トリプルスリー」に手が届く。
[PR]

by kiwatinker | 2016-02-20 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line