<   2016年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2週間

 太陰暦の二十四節気は、1年365日を24の区切りで割り、季節の移り変わりの呼び名。1年で最も寒い時期の「大寒」から早や10日。
 今週には節分、そして立春へ。その期間が約2週間。太陽暦に合わせれば15日間となるが、そこは大目に見て(笑)
 大自然は約2週間を一つの単位として寒さから暖かさへ、暖かさから暑さへ、暑さから涼しさへ、そして再び寒さへと還る。2週間あればひとつの季節が進み変化が現われるのだから、体の変化も2週間あれば何がしら感じるほどに。まして3ヶ月、ひとつの四季が通り過ぎればそれ相応の進退化も顕著に。
 3ヶ月前より筋肉と神経が結ばれ、脳のネットワークが張りめぐり、コートの中で活き活きと出来れば。されど同じ結果の繰り返しでは、自然体な成長ではないと疑問を持たねば。
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-31 05:00 | 一粒百行

年度末

 新年を迎える為に大掃除やおせち料理の準備をしていたのが1ヶ月前。厳かな気持ちでの年越しは日本独自でもあり、日本人に生まれ育つ実感の数日。
 そして今度は年度末。組織的にはこちらも何かとせわしい時期へ。ティンカーベルズのホームコートも卒業式、入学式の準備の為に思うままに利用できないのは毎年の常。報告書や計画書の最終段階へ。出会いと別れの季節でもあり、しんみり感とわくわく感が同居しているような早春へ。

♫ わたしの瞳が濡れているのは~
    あなたの旅立ちだもの 泣いたりしない ♪

松山千春 「旅立ち」より
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-30 05:00 | 一粒百行

輪に入れ?

 近隣の体育館から幼稚園児の運動遊び教室の指導依頼を受けて、定期的に足を運ぶことになって早一年近く。小中学生とはまた違い、体育会系指示命令では事が運ばない為いろいろ学ばせて頂ける。
 一週間或いは、一日のリズムとして定期的に通ってくれている時は、すこぶる機嫌よくニコニコ顔だが、この時期の寒さによるインフルエンザや、母親の都合或いは兄弟姉妹の体調いかんによっては1ヶ月以上”お休み”の時も。久しぶりに参加してくれたことで、迎えるこちら側が一安心していても、長らくのお休みの期間に、継続して参加してる他の園児たちとの関係にビミョーなズレが生じている様子。軒並鈍感な大人が気の付かない園児たちの空気。再びお休みモードになり、保護者に理由を尋ねてみると休んでいる間に他の友達の「輪に入れない!」と語る方が少なくない。
 そういえばティンカーベルズのエンジョイコースも、出来るだけバレーボールに先ずは、親しんでなじんで貰おうと敷居を低くしているつもりが、1ヶ月に1回の参加や、2ヶ月に1回程度では「輪に入れない」といった理由で退会してしまうことも。輪に入れ「る」か「ない」は大人が考えている以上に”つ”の付く年齢の子ども達にとっては重要な心理。
 顧みても、一度スポーツから離れてしまい、再び入会してもらえる機会は決して多くは無い。
 生涯スポーツとしての入り口、中高生の部活入部とはまた違う、選手達へのデリケートさも必要に。
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-29 05:00 | 一粒百行

環境

 五郎丸ポーズで沸いたラグビー界だが、チーム強化の陰の立役者と言われている元日本代表の岩淵健輔氏。彼の著書によると、日本のラグビーは後進国でありながら非常に恵まれている”環境”だとか。正月の大学日本一を決める秩父宮ラグビー場には、数万人のファンが押し寄せる。それ以外にも社会人のトップリーグに所属する約800名の選手は、親会社の企業と契約している為、取りあえずの生活には困らないなど、まだまだ数えられるらしいが、世界から見れば恵まれている日本だからこそ、逆に世界に目を向ける機会を奪ってしまい長らく世界の強国とは差が開くばかりだったと。ようやく恵まれた”環境”をステップ台として、7人制だがリオ五輪には男女代表が出場。2019年日本W杯に向けてはずみが付き始めたとのこと。
 確かに”環境”に恵まれすぎて修業・精進を怠ることは世間でもよくある。修業・精進される時はいつも環境にはほとんど恵まれていない時。
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-28 05:00 | 一粒百行

名誉市民

我が町橋本市の名誉市民のひとりでもある、岡潔数学博士。我が家から車で数分の大阪府との府県境になる紀見峠に、生家とお墓が。天才がゆえの、エピソードも数えしれぬほど多く、近所のおばあさんからも生前当時の珍行を聞く事も。その天才ぶりは数学に留まらず、文学的著書にも随所に。

過去なしに出し抜けに存在する人というものはない。
その人ととはその人の過去の事である。
その過去のエキス化が情緒である。
だから情緒の総和がその人である


奥深い文章に驚き。そして「情緒」の中身に至っては、より深い考察が、またの機会に。
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-27 05:00 | 一粒百行

冷え込み

 西日本は記録的な雪や冷え込み。我が家の上水道も凍結してしまい、家中の流し台や洗面台の蛇口を動かしてもお湯が出ない状態に。幸い冷たい水は夜中の間ポタッポタッと命のしずくとして垂らしていたので事無きを得たが、湯沸器に入っていくホースが凍結。まさに家の床下などに張りめぐらされたパイぴは人間の欠陥のように、たった一部が滞ってしまえば日常生活に支障が出てしまう。気温の上昇とともに問題は解決されたが数年ぶりの冷え込みに参った!参った!
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-26 05:00 | 一粒百行

アンケート調査

今年度に始まった、中学校部活動の在り方に関する有識者会議の3回目に参加。最終的に「提言」する資料の一つとして、1月に入り、県内の公立中学校の1・2年生と全教員に対して部活動と家庭・学校生活についてのアンケート調査を実施中。対象者は2万人を超え、全国的にも類をみない部活動に特化した大掛かりなアンケート調査。最終集計はまだだが、会議に参加している教員によると生徒、保護者、そして顧問それぞれ熱心に取り組みたいグループと、そうは思っていないグループとの二極化だと。積極組がぴたりと揃えば、同じベクトルとなり評価されるだろが、地域の公立中学ともなると、部員全員が満足する事は困難に。ミスマッチを出来るだけ少なくし、教育的な部活動と社会体育を含めた生涯スポーツの在り方が全国的に見直される時期に。
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-25 05:00 | 一粒百行

裸眼視力

 小学生の裸眼視力1.0未満が、3割にも上り過去最悪だと文科省の発表。1.0未満だと教室の後方から黒板の字の大きさや画数の多い漢字などによっては、判断しにくいはず。目を細くして焦点を合わせる仕草を見せる子どもも少なくない。
 たぶん裸眼のまま野球、卓球そしてバレーボールも含めた球技系を行う際も、少なからず影響が現われると思われる。されど選手本人の気づきがなかったり、またスポーツの際のめがねの不便さなども重なり視力の重要性は軽視されがち。
 保護者も子ども自身が「見えてるよ!」と言えば、良しとする場合も多く指導者も割合い、視力の良い悪いには気にかけず「ボールをしっかり見て!」とちぐはぐなアドバイスになったりと。
 眼から入る情報は全ての情報の8割とも9割とも言われる中、正確に脳に届く基本的入力情報があってこその様々な応用可能。
 発育盛り、体重・身長は気になるところだが視力も重要。残念ながらスマホ・パソコンなどの普及により、眼に関する環境は悪くなっていることは確か。

f0097677_8371461.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2016-01-24 05:00 | 一粒百行

10年に1度

 正月の暖かさは何だったのかと思わせるほど帳尻合わせのような今週の寒さ。我が家でも急遽1台のマイカーに冬用タイヤを装着。暖冬の為今年は用足らずと思っていたが、自然界は厳しい。そんな寒さを上回る寒気が明日、明後日にかけて南下との予報。例年なら気温が20度手前まで上昇する沖縄まですっぽり被われなんと10度を切るそうだとか。
 当然北日本、日本海側はどか雪に。週末も通常通りの練習予定だが、道路の凍結状態によって急遽中止の連絡も考えながら最新の天気予報に注目。
 のきなみ気象予報士の方々が「10年に1度!」と連発。とにかくそれだけ寒いと覚悟が必要(笑)
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-23 05:00 | 一粒百行

新入会員

 動的平衡の著者、福岡伸一氏のコラムによると動物園の爬虫類コーナーの大きなトカゲを振り向かせるには、ガラスをドンドン叩いてもダメで、トカゲの目の前に手をかざしておいて急にパッと引っ込めると、トカゲはキッと首を立てるとのこと。なぜなら生物にとっての「情報」とは消えることらしい。

 ウェンディに新しく中2の選手が体験に来られ、そのまま入会してくれることに。すでに会員として参加してくれている選手の中学校ではなく、全く新しい中学校に在籍しており部活動もバレーボール部。早い話、今までの部活動にいろいろな面で満足していないようで、新しい環境に一歩踏み出そうと。そんな彼女を部活動よろしく、教師目線で迎えては全く同じ徹を踏むことに。クラブチームそして自然体バレーの人間学を中心に、心の成長を全員で一緒に育んでもらえる一助になれば。
 トカゲとヒトを同じにしてはならないが、動物の進化史をたどれば祖先は同じ脊椎動物。ヒトにとっても目の前のことが消えることは新しい「情報」となるはず。
 新入会員の彼女にとってわざわざ車で40分かけて通って来てくれるのに、部活動の延長ではなく、新しい環境でこそ心が晴れるはず。総合型地域スポーツクラブ げんき倶楽部はしもとに、入部ではなく入会。よって新入会員。
[PR]

by kiwatinker | 2016-01-22 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line