<   2014年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧


ふれあい

「どうぞ座ってください!」
「ありがとうね!次の駅で降りるから大丈夫よ」
行きの電車内での選手と年配者の会話。そしてふれあい。
「どこから来たの?」
「和歌山からです!」
「遠いとこから来たね!何のスポーツ?」
「バレーボールです」
帰りの電車のシートに座ったとたんに、すでに座っていたご婦人と選手の会話。ここでもふれあい。
兵庫県と奈良県、そして和歌山県の小学生達。よほどのご縁がない限り一緒に練習したりお弁当を食べたりすることも少ないはず。昨日まで全く見知らぬ大人同士が、たった半日で真剣に話せる関係に。ふれあい。こんなご縁も自然体バレーを通じてならではこそ。有意義なふれあい。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-30 05:17 | 一粒百行

遠征

 以前から約束を交わしてあった、自然体バレー仲間で神戸市で活動しているMEETさんと、ようやく本日合同練習がかなった。同じく自然体仲間のRED☆STARSさんと、それぞれのルートを使って神戸まで。
 今回の移動は久しぶりに私鉄・JRそして路線バスと徒歩で往復約5時間の見込み。電車の乗り方、切符の購入方法、バスの整理券等々、初体験の選手も少なからずいるはず。その上、天気予報は雨。ボールバッグやボールケースに各自の荷物と、何かにつけ絶好の学びの機会。
 もちろん合同練習では、自然体LINEでの新ドリルの予定。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-29 05:00 | 一粒百行

副作用

 日本人が好きな薬の一つがシップ薬。スポーツ中にアクシデントがあれば、自己判断でドラッグストアで購入。病院に行き検査で大きな異常がなければ処方されるのがシップ薬。手軽に利用出来ることは有難く、重宝がられるが処方される医療用医薬品のシップ薬で肌が腫れる副作用が出ると新聞報道。シップ薬をを貼り剥がした後皮膚に残った成分が紫外線に反応すると「光線過敏症」を発症し、重篤な症例も報告されているとか。このような症状に罹ると皮膚からクスリの成分が抜けるには半年ほどかかるとか。
 安易にシップ薬を使うよりは、やはりアイシングを心がけたい。あのスポーツ大国アメリカには、なぜかシップ薬はほとんど無く使用することも極端に少ないと聞く。
f0097677_8171858.png

[PR]

by kiwatinker | 2014-11-28 08:17 | 一粒百行

試合結果

 今年の長崎国体はもちろん、高校総体でも今では試合結果はすべてインターネット、大会公式ホームページで知ることができる。実際の試合の数時間後には、公式記録として。それよりも早く試合の様子や動画を、スタンドからの応援団や観客がSNSを利用して、ほぼリアルタイムで発信。お陰で試合会場にいなくても、ずいぶん気になる試合の結果をスピーディーに知ることに。
 小学生のバレーボール大会も和歌山県の場合、県小連が主催する大会は、後日全試合が点数入りで公開。和歌山市の小連が主催する大会も、同じくホームページで。
 情報公開と呼ぶ言葉さえ陳腐になるくらい、これらの試合結果は今や常識。むしろ発信や公開しないことが「世間の納得」を得られなくなりつつあるかも。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-27 09:08 | 一粒百行

骨作り

 近頃の子どもは、骨が弱くなったと言われて久しい。やはり原因は食べ物と運動に尽きる。一方、高齢化と言われる昨今、65歳以上特に女性の骨粗鬆症は、急激に増加する為「1億総易骨折国」と揶揄されることも。骨粗鬆症にカルシュウムは定番だが、そんなに単純な話でも無く、副甲状腺ホルモン、ビタミンD、そしてプロスタグランジンE2とよばれる生理活性物質も必要。要は小魚と牛乳だけでは事は足りぬ。そして運動の種類も重要。昨今のマラソン、ジョギングブームは確かに大腿部、下腿部には長軸方向の衝撃が伝わり骨粗鬆症予防には効果が高いことがエビデンスとして。しかし腰椎から骨盤にかけての骨密度上昇には余り期待出来ないと。短距離走は、マラソンよりさらに腰椎から下部には期待薄だとか。適度に重い荷物の持ち上げを行い、長距離を歩く或いは走ることが重要か。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-26 09:17 | 一粒百行

第18回和歌山市親善小学生バレーボール大会

【予選リーグ】
 紀和  7-21 岩出    紀和  7-21 宮
      7-21             15-21

【3位トーナメント】
  9-21
 20-22

 しり上がりに調子が出てきた!次回に期待。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-26 08:32 | 活動報告

はしもとシティリレーマラソン2014

 NPO法人げんき倶楽部はしもとが共催のため、ティンカーベルズからも多くの選手が参加。1チーム5人編成のため、人数不足に陥り、RED☆STARSさんに助っ人選手をお願い。そして見事入賞!
f0097677_8285444.jpg
 たすきをしっかりつなぐ
f0097677_8292160.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2014-11-26 08:29 | 活動報告

OFF

3連休(とは言っても土曜日の午前中、スタッフは仕事でがんばってくれた)最終日の昨日は、久方ぶりにティンカーベルズ、ウェンディの練習はOFF。初日二日とイベント続きだった為。好天にも恵まれ行楽地はどこもかしこも大賑わいだとニュースから。たった一日では行楽地の行き先も限られては来るが、家族と過ごせる時間も大事なはず。
小生も、朝からたまり気味だった事務処理をさばき、午後からは親交があり、地元のFMでパーソナリティやイベントの司会に幅広く活躍されているUさんの、ミニコンサートへ。トークはもちろん上手だが、CDも出すほどの自慢のノドを拝聴。万葉集にも出て来る和歌山を代表する名勝地の和歌浦を背景に、リフレッシュ。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-25 08:03 | 一粒百行

親心

試合の合間に保護者の方々と多くのコミュニケーション。たわいも無い雑談だったり将来の子育ての不安だったりと保護者もいろいろ悩みが尽きない。バレーボールはもちろん上手くなってもらいたいが、学校での成績の事や将来の進路、大学、或いは就職結婚に至るまで、親心ならでは。しかしその親心が一方、子供の成長を妨げる原因であることも事実。我が子は他人様が育ててくれる、影響を与えてくれると知っておくことも暖かく見守ることも親心かも。
コートの中も外も過剰な親心が、逆効果に。期待と実力、冷静に把握も親心。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-24 06:02 | 一粒百行

親善交流大会

 6年生にとっては最後の県大会出場をかけた地区予選に惜敗。その県大会に出場できなかったチームが集う交流大会に招待され、早朝6時30分に集合し乗り合わせて和歌山市内の体育館へ。
 交流大会のため、開会式直後に当日抽選。対戦相手がどこになるかはお楽しみといったところ。
 勝敗はこの次で、まずは6年生全員がコートに立って良い想い出に。
[PR]

by kiwatinker | 2014-11-23 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line