<   2013年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧


鎮魂

 「さくら咲く
  春待つこころ しぼみけり
  みやこに落つる 涙おもへば」

 体罰があった高校の正門に、花束とともに「キャプテンに捧ぐ」短歌が供えられていた。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-31 08:43 | 一粒百行

新聞投稿より(全文紹介)

 品よく年を重ねてゆきたい    主婦 小白井みつ子 78

 21日付「10代の声」の「『品のある女性』になりたい」を読んだ。アルバイト先の飲食店に来店した50代の女性の立ち居振る舞いに感銘を受けたという内容だった。
 わずかな時間で他人に大きな影響と余情を与えた、その50代の女性もすてきだが、その女性のすばらしさに気付く彼女の心も美しい。
 加齢とともに感動する機会も減ってきたように自覚する私だが、心残る投稿だった。この年になっても気品ある人に出会うと羨ましく感じ、幸せな気分にもなる。
 戦後、他人を思いやる心が薄らいできているといわれる。自分勝手に振る舞い、協調性がなければ外見だけを着飾っても、他人からは美しい人だとは思われない。自然や他人を思いやる心と感謝する心を身に付け、常に人から見られているという意識を持つことが大切だ。
 私も、品よく美しく老いを紡いでゆきたい。
 

[PR]

by kiwatinker | 2013-01-30 08:15 | 一粒百行

東京大学

 知の最高峰。東京大学野球部の外部コーチ招聘として、プロ野球界広しと言えども、実にスマートな人選。
桑田真澄氏、プロ野球引退後も早稲田大学大学院スポーツ科学研究科に入学し、修士論文はその年の同科の「最優秀論文」に選出。題目は「『野球道』の再定義による日本野球界の更なる発展に関する研究」。
 大阪の体罰・暴力・暴言とは全く次元の違うコーチング。ぜひとも東大野球部の連敗記録脱出を願う。
f0097677_8191528.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2013-01-29 08:55 | 一粒百行

NPO法人

 どうしても体育館の都合がつかず、昨日は練習休み。ウエンディだけは五條東との合同練習。つかの間の休みだが、この休みを利用して総合型地域スポーツクラブ「げんき倶楽部はしもと」の研修会を開催。題目は「NPO法人取得に向けての勉強会」げんき倶楽部はしもと全体のスタッフ、約20名が揃い学びの午前中。講師には、わかやまNPOセンター事務局長を、お迎えしての本格的な勉強会。来年度には何とか、NPO法人取得を目指したい。法人取得によるメリットは当然高くしかも多い。されど社会の通年どうり、活動による義務も生じる。大人の活動として情報公開も含めた責任も多大。
 昼食は、少し遅くなったが、げんき倶楽部はしもとの新年会。講師先生も、参加くださり和やかに。任意団体から法人格取得へ。社会的な責任も大きくなるが。同時に倶楽部関係者全員にその自覚を高めて頂こう!

f0097677_8253044.jpg
 わかやまNPOセンター事務局長による講演。
f0097677_826150.jpg
 昼食は講師先生、和歌山県クラブアドバイザーも一緒に新年会。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-28 08:26 | 一粒百行

フェアプレイ宣言

私は、スポーツを愛する者として、
何ごとにも全力で取り組み、
精神・肉体ともに成長させることに努めます。

そして、フェアプレイを通じて思いやり、誇り、努力、勇気を
最大限に発揮し、その力を人に、地域に、
社会のために生かしていきます。

そのために具体的な行動として、
あくしゅ、あいさつ、ありがとう
を実践していくことを宣言します。

日体協「フェアプレイで日本を元気に」HPより。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-27 05:39 | 一粒百行

修正

 練習ドリルだけではなかなか技術を習得しきれない選手は少なからずいる。スパイク動作、レシーブ動作しかり、細かく見れば左右のからだの使い方、上半身と下半身の動き方などなど。そんな選手に対して、塾頭はもちろん大事なポイントを個別に指導されることも。しかしこれはほとんど稀なケース。それよりも皆に分かるように重要ポイントとして提示・指示。
 多くの選手が修正されない技術については、「AさせたければB」方式。いつまでも目の前のポイントに執着せず、一歩手前の動きからの改善。それよりもまだ違う所からのアプローチが多く、また全体の流れを止めないことにも留意されているように思う。過去の金言にも「流木で川の流れを止めたらアカン!」とも。ここでの流木はもちろん指導者。
 一点のポイントを意識させることで劇的に修正される場合と、過剰に意識させることで全体の流れやゆったりした動きを遂行させることも。ここでも診断を見誤らず、正しく処方することが大事になってくる。
 ドリルの種類を増やし、それをどのように行っていき、つなぎ合わせて伝えていくか。益々奥深い指導技術。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-26 08:02 | 一粒百行

金言 24

「空中での足首を底屈しない」

二段モーションでの踏切時間を短くする目的の為の金言。

プライオメトリックスの理論をしっかり踏まえたうえでの技術。

ボールとのタイミングを合わせるのは、ひとつ前の、段階。
f0097677_8302598.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2013-01-25 08:30 | 一粒百行

からだの不思議

 先週末からお腹の調子を崩した。クリニックに飛び込む程でもなく、市販薬で経過観察。日曜日の夕方でもあまりすっきりはしていなかったところへ、へその横に痛かゆみがあり、1円玉大の“にきび”を発見。こんなところはにきびとは言わず“吹き出物”、“化膿湿疹”と呼ばれそうだが(笑)
 その化膿湿疹のでた場所に興味が。へその左側5~6cmのところにできたわけだが、この場所は東洋医学の「大横」と呼ばれるツボの位置とぴったり。「大横」とは文字から推測されるように大腸の中の横行結腸に関係する重要なツボ。「大横」に針を打ち、灸をすえることで昔はお腹の調子を整えたもの。今回の体調、特にお腹の調子の崩れが、体表のつぼに反応が現れ、吹き出物、化膿湿疹となって体表に姿現したものと充分に考えられる。
 そんなバカなと思われるかどうかは人それぞれだが、まだまだ分からないことが多いのが、からだの不思議。
 肩こり、腰痛、そして膝痛の時には、セルフケアとして指頭で押さえる、何とも言えない心地いい響きを感じるのがツボ。単に筋肉や関節の効果ポイントを示すだけにとどまらず、内臓と体表を繋げる窓のような役割がツボにあることを実感。まだにからだの不思議。
 ちなみにお腹の回復と同時進行で、“にきび”?!も快方へ。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-24 08:34 | 一粒百行

実践発表

 三年間突っ走て来た国費のトップレベル事業が、終了間近で一足早く実践発表会が開催。トップレベル事業は本年度全国、五県で実施。発表会では。先ず、総合型地域スポーツクラブ先進地の新潟県燕市の方が基調講演。そして五つののくらぶが実践発表し、小生も拙いながら報告。その後クラブと中学部活との連携についてシンポジウム。当然答えは出ないが、先ずはきっかけ作りに問題定義され、約50名の参加者で熟考。意見交換しながら、明日へ希望。
f0097677_8123181.jpg
 新潟県燕市体育協会の本多さんの基調講演。
f0097677_813241.jpg
 小生も実践報告。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-23 08:13 | 一粒百行

ハイブリッド

 昨夏、愛車を買い換え。今流行りのハイブリッド車へ。当然、燃費も良くレギュラーガソリンより経済的。わずかな燃料で長距離走れるのだから、まさに効率的なボディメカニック。
 時期柄、朝に夕にジョギングを行っている老若男女を見かけることが多い。颯爽と駆け抜けている姿を眺めていると、走り方にも無駄がなく、エネルギーを効率的に使っていると思われる。まさにハイブリッド走法。
 一方、ジョギングを始めた動機付けが、なるほどなぁ~と妙に納得できる方も(笑)ちらほら。こちらは足を引きずり、両腕を横に振り、効率も悪そう。
 しかし一考、後者の動悸がダイエットなら、より消費カロリーを増やしたいはずだから、案外目的達成のためにはまたそれで良しかと(^-^)ただし、下肢のランニング時のアライメントの不調や、余計な筋肉の力みでケガにつながる恐れは十分。
 元来「ハイブリッド」とは、“異質なものの混成物”がその意味。単にエネルギーの効率の良さ、経済性を求めるだけではなく、考え方や思考回路こそハイブリッドを目指したいもの。仲良しサークルだけでの脳の使い方や居心地の良さだけでなく、異質なものに出会い活性化されるように、ハイブリッド脳に努めたい。
[PR]

by kiwatinker | 2013-01-22 08:30 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line