<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧


小休止

早いもので9月も晦日。今月は毎週のように事業が詰まり充実の日々を過ごす。一週目は、交流大会。特に女子選手コースは残暑の中、二日続きで頑張った。ニ週目は、日帰りBBQキャンプ。空模様を心配したが、何とか持ちこたえてくれた。三週目は、指導者講習会を始めて高野山で開催。畳の部屋での二次会は、印象的。そして先週のヤングバレー男女優勝大会。
一週目を除けば、すべてかなり以前からの準備と後かたずけもあり、またいろいろ動けば、プラスαも起こる。予想外の予想内。
そんな事業も今週は、一段落して小休止。 暫くぶりの通常練習には、エンジョイコースの選手達も顔を出してくれた。元気そうで何より。何となく日焼けしたような顔、そうか来週は、運動会のところも多く屋外の練習続きで合点がいった。(^-^)
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-30 04:58 | 一粒百行

かまえ

 ラリーが続けば続くほど、強者の選手なら戦闘態勢のかまえになっているのだろうが・・・。
 トップレベル教室でそのかまえについての指導を受ける。先ずは2人ドリルで、相手にパスを出した後、3歩下がって隙のないかまえ。これが案外ビシッと決まらない。誰もがやればできる簡単なドリルでも今ひとつのわけだから、当然ラリーでもなろうものならボールの行方を追うだけで、無我夢中。指導の側もネットを行き来するボールに目を奪われ、“かまえ”など眼中から飛んでしまいがち。
 ボールに触れるまでの隙のないかまえから、厳しい動きのステップでボール下へ。上達するためのポイントきっちり押さえねば。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-29 08:15 | 一粒百行

金言 14

 ボールが、触るまでの動きを練習している。
 頑張れば出来る練習ばかり。
 二つに気づいてください。
 最後に選手達に確認の話し合いを行った、金言。

 小学生は運動会の練習が続き、中学校は定期試験のため、若干参加者が少なめのトップレベル教室。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-28 08:08 | 一粒百行

部活イノベーション

 “夜スペ”や“土てら”で有名になった都内の区立W中学校が、新たに『部活イノベーション』と銘打った動きを見せていると新聞で報じられている。
 部活動の衰退は叫ばれて久しいが、W中学校でも例外ではなく、特に週末の活動は顧問の都合により多くが「休日休み」となっているそうだ。外部指導者にお願いしても、安全管理のため教員が立ち会わねばならず、問題解決とはならない。
 そこで、部活の保護者と相談し、保護者と企業が契約し、スポーツ指導者を派遣してもらい、技術指導だけではなく安全管理まで任せる、学校側は施設の提供さえ行えば顧問が出る必要がないとのこと。もちろん有料で1回500円程度だとか。だからこそイノベーションか。性等は当然、保護者にも概ね好評らしい。
 やはり時代の流れ。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-27 08:32 | 一粒百行

ルール

 全国大会だったが、得点については特別ルールが適用。21点先取でデュースなし。フルセットの場合は、15点先取で終了。主催者側の配慮で、選手達に多くの試合経験を積んでもらいたいことと、遠方から来られたクラブの帰宅時間を配慮してのもの。
 実際のゲーム中のジャッジはやはり全国大会にふさわしく厳しいもの。タッチネット、ダブルコンタクト、ローテーションも各コートでジャッジされているのを何度も目撃。リベロの交代についても、エンドラインとサイドライン辺りの境界では注意も。
 その他にも、選手交代、タイムのコール、タイム後の開始遅れ、ベンチでの無断起立など、ローカルな大会では曖昧であったり見逃されがちなことも、注意を受けることしばしば。
 技術的なことはもとより、正しいルールの適用、解釈。全国レベルで常に考え行動する習慣を再認識。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-26 08:06 | 一粒百行

選手宣誓

 先週の金曜日、ヤングバレー全国大会前日の代表者会議がなみはやドームで。受付の際に選手宣誓希望クラブはチーム名を記入し、箱の中に入れるようにと指示があり、気軽な気持ちでペンを走らせ投函。会議も終盤になり、事務担当の方から27クラブの希望がありましたとアナウンスがあり、その直後、実行委員長によるライブ抽選。
 「67番、紀和ウェンディ」の呼び声に、思わず「ドキッ!」27分の1を引き当てた。
 はてさて、キャプテンにどう告げるか、色々思案した挙句、その夜は連絡せず翌朝の集合時間に告げることに。当然、キャプテンは困惑気味。108チームが揃う全国大会でまさかの選手宣誓。なみはやドームに向かう電車の中で、何度も何度も宣誓文を暗唱しつつ。
 そうして本番。シーンと静まり返った中での第一声。初々しさと緊張感に包まれはしたが、立派な選手宣誓に大きな拍手が会場一杯に。
 全国大会初出場。そして大舞台での選手宣誓、大きな想い出。その様子はこちら
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-25 09:29 | 一粒百行

第15回全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会

☆初日
 紀和 11-21 東海クラブ(静岡県)
       5-21

 紀和  4-21 友(熊本県)
     10-21

☆2日目
 紀和 12-21 宮城(宮城県)
     13-21
f0097677_930511.jpg
 全国から男女108チームが集った。
f0097677_930348.jpg
 全員一丸となって。
f0097677_931311.jpg
 2日目。14名が整列。
f0097677_9323985.jpg
f0097677_9325746.jpg
 たくさんの方々の応援で背中を押してもらった。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-24 09:33 | 活動報告

大海

 片田舎の乙女たちが大海に臨んだ。保護者の大人でさえもほとんどが知らない大海。予想通りその波は大きく、時には深くうねる。小さな手こぎボートではとても前へ進めない。厳しい波しぶきが頬をぶったり、激しい揺れで気分が悪くなったりする者も。
 改めて小川から大海に出ていくための準備の積み重ねが。技術、心構え、ありとあらゆることを想定して。
 激しく厳しい荒波ではあったが、その中にも真っ青な空の青さを垣間見たり、澄んだ青い海の底の岩を見つけたりと、色々あった2日間。多くの乙女達が魅せられ、また臨みたいと決意。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-24 09:15 | 一粒百行

試合に向けて

今日と明日は第15回全国ヤングバレーボールクラブ男女優勝大会。
塾頭から選手達に質問がなされた。「試合に出る時は何に気をつけていますか?(出場しますか?)」
楽しい時、苦しい時、泣ける時、どんな気持ちでどんな行動につなげることができるか。誰かが励ましてくれた!誰かを励ました!誰かの(クラブの)ために役立つことができましたか?
 中学生選手はもちろん、応援に駆けつけてくれる小学生達も遠足気分ではなく、考えて行動に移し、甘えることなく大海を知るきっかけに。
勝った負けたは時の運。コートの中で気持ちがあればできるプレーに手を抜かず、そしてコートの外で、応援スタンドで、同じく気持ちがあればできること。選手も保護者も全員一丸となっ心の教育に取り組みたい。

 追伸  昨夜の代表者会議で、選手宣誓の大役を引き当てた。頑張れキャプテン!
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-22 04:47 | 一粒百行

金言 13

 「試合に出るには、何を気をつけていますか?」
 「今いる世界に慣れたりすると、大海を知らない!」

 明日から始まる全国大会に向けて、選手達に問いかけて下さった塾頭。
 勝っても負けても、心の持ち方、行動の仕方・・・
 最優先は“心の教育”。
[PR]

by kiwatinker | 2012-09-21 10:06 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line