<   2011年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧


上機嫌

 記憶が定かではないが、著者もはっきりしない最近の新著に「人に会う時は上機嫌が最高の得である」といった内容のタイトル名の本が目に留まった。全く偶然の“上機嫌”つながりで。
 先週、末娘が修学旅行で一泊二日の京都へ。引率下さった校長先生が、今週、お便りとして旅行記をプリントしたものを持って子供が帰宅。京都でも一、二を争う名刹の清水寺。その表参道に「仕事をするなら上機嫌でやる」の表札を見つけられたそうで、ご丁寧にデジカメで撮影し、写真も掲載してあった。
 「上機嫌」。なにやら今まで他人から機会を与えてもらい、授かったことで起こりうる心理のように勘違い。
 「上機嫌」。自ら心がける産物であること・・・遅まきながら気がつかされた。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-30 08:16 | 一粒百行

胡麻

 瑞々しい新米が食卓に上り、おいしいご飯を頂いているが、案外知られてはいないのが胡麻。
 胡麻も90%以上が中国や東南アジアからの輸入物だそうだが、穫り入れ時は9月~10月のため、ちょうど今頃が新胡麻が出回るそうな。黒胡麻、白胡麻、中国では金胡麻も有名らしいが、栄養価はほとんど変わらない。ただしその栄養素の種類は豊富で、まさに小さな粒にギューッと詰まっている。
 スポーツ選手にも大変重要な分子栄養学の食材の語呂合わせ「ま・ご・わ・や・さ・し・い」でも、“ご”でしっかり取り上げられている。故にその栄養素を摂って体内に入り、腸で吸収される頃には様々な化学反応を起こし、抜群の効果を生み出す。“ゴマパワー”と呼ばれるゆえんでもある。
 弁当、おにぎりの見栄えとしてはもちろん、これからの寒い季節、鍋料理の隠し味や風味としても、その存在感はピカイチ。
 新胡麻の香りや風味をつとに好んで楽しみたい。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-29 09:42 | 一粒百行

ウォーキング

 国体に向けてのプレイベントとして「紀の国わかやま1万人健康リレーウォーク」に参加。中高年を中心に、行政スタッフと合わせて総勢約100名のイベント。
 橋本市役所からバレー塾を開催する体育館までの往復。最高の天候にも恵まれ、体育館前の芝生に腰を降ろしてのお弁当はまた格別。
 道中、初対面の方々とも気軽にお話しをしながらのウォーキングは、あっという間に終了。
 最も手軽でいつでも行えるのがウォーキング。その効果は今さら語るまでもなく、有酸素運動により生活習慣病の予防はもちろん、ストレス解消や、自律神経・脳細胞を刺激し、何かにつけ効果絶大。
 選手達への指導が充分にかなえられるようになるためにも、自己管理、基礎体力、健康な毎日は必須事項。手軽な健康法の一丁目一番地のウォーキング、ぜひおすすめ。
f0097677_8554326.jpg
 ウォーキングに参加下さった方々。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-28 08:56 | 一粒百行

エア・バレーとキャッチ・バレー

 四股は身体メカニズム則った動き。もうひとつ、コートの中の動きも大事。「トップレベル教室」でもコートの中での3人ドリルが登場している。レフトのフォロー位置から一気にバックポジションまで下がる。二人のバナナレシーブ、続いて2段パス、そして再びネット近くまでのフォローまでの一連の動き。コートの中のまさしく動線。この動線をからだにしみ込ませるため、ボールなしでのエア・バレーで低学年でさえも動線を反復できる。次にボールを使ってのキャッチ・バレーで感覚器を刺激しながら、動線練習。最後に実際のレシーブと2段トスになるが、実戦練習に近くなるほど、本来の目的の動線のドリルではなく、レシーブスキルの練習に陥りやすい。ボール出し側もついつい単なるマンツーマンになってしまう。コートの中の動線を持ってスムーズに3人の約束事を守ることが大事。声の連携、無駄のない動線、カバーリングをレシーブミスで止めてしまうなら、エアとキャッチで繰り返すか。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-27 06:29 | 一粒百行

語録集 トップレベルバージョンⅡ23

 塾頭曰く、「少しずつできるようになってきたら、いい加減にするとその人はそれまでです」「曲げるところは曲げる。伸ばすところは伸ばす!」
 普段のドリルの最中はじーっと選手の様子を見守って下さる塾頭だが、少し気の抜けたドリルやダンスは見逃さずチェック。

 塾頭曰く、「途中で手を突いたり、寝転んだりしない!」
 複合ドリルの場合は、やはり動きの流れが大事。少し休憩を入れるような動きにもチェック。

 塾頭曰く、「目は上!心は足!」
 2人1組のボールを使ったドリルの気持ちの在り方。

 塾頭曰く、「腕と骨盤が一緒になって動くように」「左手と左脚と右手の行き先がみな別!」
 自然体フローターサーブの身体の動きのエッセンス。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-26 07:59 | 一粒百行

指示

 「尻滑り、ローリング、ひとりイルカ、カメ四股」
 「連続ローリング3回、スパイクジャンプ、もも上げ3回、カメ四股」
 「起き上がり、バービー、ローリング(往復2回)、カメ四股」
 「イルカ側転2回、正座起き上がり、カメ四股」
 「ワニ、カニ、スパイク、もも上げ2回」
 「仰向け、うつ伏せ、起き上がってもも上げローリング」

 以上、全て指示だけで行うドリルなり。
 塾頭、余分な言葉なし。選手、脳内フル回転で動き出す。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-25 08:52 | 一粒百行

第15回和歌山親善バレーボール大会

≪結果≫
 紀和 12-21 福島
      9-21


 紀和 21-12 清川
     21-12

 1勝1敗で残念ながら決勝戦進出はならずとも、随所に好プレーも見られ、たくさんの応援団と一緒に記念撮影。
f0097677_8553466.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2011-11-24 08:55 | 活動報告

スタンド

 アリーナの三方がスタンドで囲まれた少し古い体育館がこの度の交流会の会場。
 スタンドと言っても自然体バレー塾の会場となる県立橋本体育館のような近代的な造りではなく、またコートから少し遠く高く離れた広々とした空間でもない。コートの横、ベンチのそばまでスタンドがあり、ゆるやかなスロープに立っての応援は、もうベンチと一体感いっぱい。控えの選手達ともすぐに声を交わせる程度の距離は、当然コートの中の選手の表情もよく見える。得点して笑顔いっぱいの時もあれば、ミスで少し残念な表情も見てとれる。
 小中学校の会場では、体育館の隅に邪魔にならないように、少し窮屈な感は否めないが、コートに親しみやすい距離感のスタンド。ちょっと古めかしくはあるが、何とも言えない和みがまたよろし。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-24 08:49 | 一粒百行

組み合わせ

 冬の高校スポーツ、全国大会のサッカーの組み合わせが、新聞に掲載された。間もなくラグビー、バレーボールも続くだろう。地域、地区、そして県大会ぐらいでは、関係者だけの抽選で組み合わせを行うため、選手達に伏せておきたい指導者もいるようだ。意図は分からぬではないがどうも時代に逆行している感もぬぐえない。
 さて本日、6年生にとっては残り少ない交流大会。こちらは、超ローカル大会のため、キャプテンによる当日抽選による、組み合わせ発表。相手がどうであれ、自然体バレーの発表の機会。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-23 05:40 | 一粒百行

脂肪税

 この秋、デンマークで脂肪税法案が成立。飽和脂肪酸が2~3%以上含まれる食品全てに・・・例えば、バター、チーズ、牛乳、肉、食用油、それらを使用したお菓子などの加工食品などなど、全てに課税されるそうな。なぜそのような措置がとられたかといえば、デンマークも例外ではなく生活習慣病で頭を痛めている政府が、もうこれ以上国民のコレステロール値を上昇させ、心臓疾患や高脂血症を引き起こしてはならないと、賛否両論渦巻く中決断した。
 ただし、ここでのポイントは、飽和脂肪酸が含まれる食品であるということ。飽和脂肪酸とは、常温で固体化してしまう脂。白く固体化している脂を摂り続けると、生活習慣病への最短コースをたどってしまうというわけ。酪農国のデンマークでは、この飽和脂肪酸の食品が主食となるから、悩みは日本以上かも。
 飽和脂肪酸ではない脂は当然あり、不飽和脂肪酸と呼ばれ、体の中をサラサラ流れる良い脂。青魚のサンマ、イワシ、サバなどに多く含まれる。しかしこの青魚、今時のお母さんならなかなか家庭でさばくこともできずに、食卓に上る機会が減っているのも事実。
 育ち盛りのスポーツ選手を持つ親としても、ここはひと工夫凝らしたい。とにかく腹いっぱいでは、体格は大きくてもケガに弱く、いつも体調を崩しがちに・・・。
 食習慣も小さい頃から正しく・・・さもなければ脂肪税、日本にも導入される日が近くなっては困りもの。
[PR]

by kiwatinker | 2011-11-22 10:03 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line