自然科学

 以前、自然体バレー研修ライン上、塾頭が紹介下さった本。「身体(カラダ)が求める運動とは何か(法則性を活かした運動誘導)」が遅まきながら手元に届き、読み始め。
 バレーボールのハウツー本ではないので、興味のない方にとっては全く無駄な投資かもしれないが、運動・スポーツを指導する者にとっては知的好奇心が刺激される貴重な一冊。専門書と入門書の中間ぐらいのため、自然科学用語も多い反面、写真も豊富に使われており、じっくり読み解けば「なるほど!」と。
 業界の常識だったことが、自然科学の非常識であったことが幾つも説明されている。以前は猛暑であっても「水飲むな!」が、今となっては飲み物の質や量まで解明され、その上、運動・スポーツ時だけでなく、中高齢者の熱中症にまでその効果はかなり広く普及。
 B5、100ページ足らずの紙幅に、やや小さめの横文字で、¥2,500(税別)の少し高め(笑)
 残念ながら街の図書館にはまだ在庫されていないことの多い自然科学分野。
[PR]

by kiwatinker | 2017-08-09 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line