異業種

 “春高バレー”の特別協賛にジャパネットの冠がついて久しい。そのジャパネットたかたの高田明前社長が本業から勇退し、長崎県に本拠を持つJ2 V・ファーレン長崎の社長に就任し、累積赤字3億円以上の会社を再建する意気込みだと新聞紙上で語っている。 もちろんサッカー経験は皆無らしいが、経営はどの業種でも全部共通していると。一代でテレビショッピング界を一変させた名経営者。例え異業種と言えども、不安「ゼロ」と豪語。
 九州、つとに長崎県バレー界を筆頭に、高校バレーにとっては大変ご縁の深くなったジャパネットがサッカー界へ。V・ファーレン長崎の成績と同時に累積赤字解消に向けて目が離せなくなった。
[PR]

by kiwatinker | 2017-07-26 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line