こむらがえり

 一年で最も暑い時期へ。各種目各カテゴリーの大小様々な大会が目白押し。ハイレベルなカテゴリーの大事な試合中に起こり、脚の筋肉のけいれん、すなわち“こむらがえり”は水分不足が主な原因。カルシウムとマグネシウムのバランスの崩れなども。日頃の激しい練習のために体内は慢性な水分不足状態に。
 一方、月イチゴルファーや運動不足解消に行うレクリエーションスポーツにも起こりうるのも、こむらがえり。こちらは運動不足による筋力低下と、急激な発汗による水分喪失。たっぷり汗をかいた後のビールは最高だが、スポーツで大量の汗をかいた上に、利尿効果の高いアルコールが重なると、再び夜中にも“脚がつる”現象に。
 スポーツや農作業は全く行わない恒例のかたがたは、発汗の意識やノドの渇きにもやや鈍感になり、朝の明け方近くこむらがえりに。
 熱中症による水分不足は良く呼びかけられるが、こむらがえりも水分不足の原因が多し。
[PR]

by kiwatinker | 2017-07-13 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line