28連勝

今さら言うに及ばず、トップニュースで扱われるほどの過熱。弱冠14歳の中学生、今後まだまだ伸びしろが広がる期待。羽生三冠が現れた時以上かも。
一方、多感の頃の中学生。学校に戻れば、必ずしも居心地がいいとは限らないのでは。嫉妬、ねたみ、ジェラシーと“出る杭は打たれる”の古事どおりの周囲の心理が。
そんな雑音も消してしまうほどの頂を目指して、昭和の天才が引退した後の、平成の天才が棋界を引っ張ってくれることだろう。

[PR]

by kiwatinker | 2017-06-23 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line