目が肥える。

 生涯学習、生涯スポーツと叫ばれて久しい。我が街でも高齢者を対象とした生涯学習は、平日はもちろん週末にも、大小あちらこちらの公共施設で開催。生涯スポーツの入り口としてのスポ少活動に始まり、毎夜夕刻から午後10時頃までは、市内の小中学校でのスポーツ活動も盛ん。特に子育て世代から中高年に至るまでの生涯学習としての、講習会や研修会の参加率も高く、多くの講演を聞くことで、耳が、目が肥えている方も多数。
 帰り道ではズバリ「今日はあんまりおもしろくなかったなぁー!眠たかった!」と感想を語りながらお茶しているおばちゃん達(笑)一方、「今日は楽しかった。よかったわぁー」との感想も。どちらかと言えば、“為になる”より“おもしろかった”“楽しかった”が優先される会話ぶりで、最近のニーズかも。
 どちらにしても、受講生の方々の目が肥えてきているのは事実。子どもであれ、大人であれ、人前に立って1時間指導したり話すためには、1000時間の勉強、日々努力。
[PR]

by kiwatinker | 2017-05-20 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line