優先順位

 大型連休も後半に。バレーボールはもちろん、地域の行事や私的な交流も含めてイベントが重なり目白押し。ただしすべて参加するには、体が2つも3つもいりそう(笑)
参加する理由が、好きだとか楽しいからだけなら、連休期間中に開催される歴史学者の講演会や、GW話題のシネマ鑑賞、同窓会にも参加したいが、そうともいかず。
 一定のセッションを任されている・・・すなわちセッションのサブではなく、トップだからこそ出席、出場、或いは参加せねばならない会議・事業があるなら、そちらを優先するのも大人の務め。セッショントップが集う会議や、〇〇長だからこそ、初めから最後までその場にいる責任が生じる。“長”と“副”の重さの違い。
 サブなのにトップのように、或いはトップなのに自覚なく、不在だからこそ周囲は疑問符を持ちがち。周囲を見渡しても、出来る人の優先順位は違う。むしろ優先順位を間違えれば、出来ない人と見なされる。
[PR]

by kiwatinker | 2017-05-03 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line