お客様

プライベートな話題で恐縮だが、今日は初対面のご夫婦の客人が訪ねて来られる。わざわざ遠路、長崎から。和歌山は初めての訪問だとか。思い起こせば、平成2年の立春、今は亡き父親と、父親の知人と一緒に家内の実家へ。立春とは言え 道は積雪の為に凍結。当時着用していたスパイクタイヤ仕様のカローラⅡを小生が運転して。それから27年、まさかバレーボール三昧の家族になるとは思っても いなかったが、今後も小さな子ども達対象の発育発達に則った幼児運動と、アスリートとしてのバレーボールと切っても切れないご縁と家族が増えそう。
[PR]

by kiwatinker | 2017-04-16 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line