教え力

 興味深いデータがニュースや新聞で報道。全国都道府県別の中高生の英語力が発表。同時に英語の教師の英語力の平均一位は四国の某県だとか。ただしその県の生徒の成績は30位以下。結果として教師の英語力が生徒の英語力につながらず。全国一位の教師達もその結果を素直に認め、教え力の強化へと。
 部活・スポーツも同じだろう。客観的な教え力の指標をなどない中、成績だけが全てではないが、指導者の持っているキャリアと知識が必ずしも選手達に伝わっているかは別もの。まさに“教える力”。あのイチローでさえも、過去の語録に「僕、教えるの苦手ですから・・・」と引退後の質問に対しての彼の答え。
[PR]

by kiwatinker | 2017-04-07 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line