35年前、小生は高2・3年に進級する前の春休み、2年続けて入院。一度目は流行性耳下腺炎、いわゆるおたふくかぜによる高熱が下がらず、二度目は頭蓋骨陥没骨折で手術まで。サクラを病室から眺めていた。今では少し苦い想い出に。
 夢と希望に膨らむ新年度の始まりだが、万が一の複線、次の視点・準備も。
f0097677_884241.jpg

[PR]

by kiwatinker | 2017-04-02 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line