合言葉

近未来に起こるであろうと言われている、南海・東南海地震。和歌山県も、最も被害が大きいと予想される県の一つ。規模の大小はあれ地域で、職場で、学校での防災訓練は頻繁に開催。つい先日もNHKの地方ニュースでは県内の幼稚園児の防災訓練の様子が報道。地震直後の揺れに対して、身の安全を守る為に、園児に向かって先生が「だるまさんがころんだ!」と叫ぶと読書やお絵描きの最中でも、床に這いつくばる姿勢に。なおかつ頭の安全と揺れに対しての身体の安定化を図る為には、単に腹這いになるだけではなく、膝を折りたたんだ状態でうずくまる。この姿勢を「ダンゴムシ!」と先生たちは再び絶叫している姿が。年少の園児たちは、うまくできなくても、流石に年長さんにもなると素早く対応し、見事に全員が安全姿勢に。短いフレーズの合言葉。絶対非常時、小さい命を守るのに、つべこべ長い話は必要なし。合言葉、日頃の練習のヒントにと全く持って同じ効果。
[PR]

by kiwatinker | 2017-03-20 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line