上り坂・下り坂

 横綱・白鵬が休場。新横綱の稀勢の里は初日から連勝。新旧の横綱が対極の明暗。確か年の差は2つ違いの白鵬が上だったはず。されど横綱としてのキャリアは歴然の差。一人横綱の時代から、大相撲の屋台骨を背負ってきた。今場所に限っては、上り坂と下り坂がくっきりだが、白鵬にももうひと花もふた花も咲かせてほしいと期待。
 番付としての“横綱”は神様の位と伝え聞く。心技体が充実しない場合、番付の陥落ではなく“引退”しかない。過去の横綱も、桜の散るごとく潔しの引退も。
 他のスポーツに見られる“レジェンド”が通用しない、国技の大相撲。頑張れ白鵬!!
[PR]

by kiwatinker | 2017-03-18 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line