4日連続

 今週は昼休みに4日連続の講演。月曜日と水曜日はそれぞれ毎月1回2年目を迎えることに。高齢の方々が毎回30~50人ほど。90分間の運動指導と健康についてのお話を少々。もちろん内容は毎回変えていかないことには、聞いて下さる方々からは「前にも聞いたぁ~!」と厳しいお声が。少しきついエクササイズも面白おかしく、時には頑張りながら。または楽しいゲーム形式をやりながら、実はどこそこの筋トレですよと回答すると、驚きの表情だったりと。
 火曜日は6年目を迎える知的発達障害者作業所の運動教室。こちらも重軽度の差があり、理解力も様々なため、作業所スタッフの皆さんの協力の元、毎月1回。彼らと接していく中で、個人差は大きいが身体が確実に動いて変化している事を実感。
 今日は、年に2回の橋本市障害者協会の体操教室に。障害の種類も様々で手話通訳士の方々の協力や、社会福祉協議会のスタッフの方のアシストを頂きながら。毎年のことながら、たくさんのインストラクターのいる中、講師として声をかけて頂くためには、参加者の皆さん全員に喜んでもらうのは当たり前。
 塾頭がおっしゃる通り、1時間の講演には1000時間の裏付け、勉強が。
[PR]

by kiwatinker | 2017-02-16 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line