復活

 先の日曜日は大きな復活劇がふたつ。先ずは大阪国際女子マラソン、重友梨佐が5年ぶりの優勝。ロンドンオリンピックの出場選手がリオオリンピックの出場権を逃し、ケガも重なり低迷していたが見事に復活。
 そしてもうひとつは、テニス全豪オープン、フェデラーが7年ぶり5回目の復活V。35歳での優勝はお見事。トリートメントは当然、コンディショニングやトレーニングをも、誰よりも意識髙く、行動に起こしてこその結果だと。
 スポーツの世界、心・技・体のピークを越え下り坂になれば、もう一度登り坂、或いはV字回復は至難の業。今後の行方を見守り続けたい。
[PR]

by kiwatinker | 2017-01-31 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line