食中毒

 和歌山県御坊市の学校給食センターで調理し配食した中から、園児・児童ら700人超が集団食中毒に。
 原因究明中だが、調理職員の方々は白衣・白帽・マスク・使い捨て手袋、そして消毒など行っていただろうが、それでも食中毒は起こった。あとは調理道具・食材そして調理方法に問題があるのだろうか?洗浄して加熱して、マニュアル通り行うのだろうが、そこに長年続けていることの職人的な独特な“カン”の入る余地は、あえて使ってはいけないのだろうか。
 何となく食材が危ないとか、加熱時間が短すぎるなど、何やら体育館で選手達に動画を見せておけば練習したつもりになっている思考法とどこか似かよっているような気も。
[PR]

by kiwatinker | 2017-01-29 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line