レガシーエリア

 東京2020・バレーボール会場が有明アリーナに落ち着いたと。“元のサヤ”などとメディアは報じているが、見直しを始めた3会場で約400億円もの税金を削減し、国民に関心を向けさせたのはさすがと思うのだが。
 東京2020の後はレガシーエリアとして、スポーツやイベントのメッカ、或いは聖地として民間の力も借りて・・・と力説していた都知事。その点については大いに期待。
 和歌山の片田舎からでも行ってみたいと思う“モノ・ゴト”が今から楽しみ。
[PR]

by kiwatinker | 2016-12-18 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line