一厘をつかむ

 「九分九厘わかっていても、あとの一厘がいちばん肝心だ。これは自分で苦しみ、わかるほかない」坂村真民氏の言葉。
 故事にも「百里を行くものは九十を半ばとす」と最後まで気をゆるめてはいけないと。
 年末年始は自然体バレーを繰り返し学ぶ機会。「前に聞いたことあるわ!」程度なら九分九厘どころか九十も無理で半分!?
 基礎固め、基本重視。簡単そうで単純、単調でその上、難解だけど底辺を広げねば、その上に始めて積み上げられる。
[PR]

by kiwatinker | 2016-12-16 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line