適齢期

「思考の整理学」のベストセラー始め、多くの著書を持つ外山滋比古氏。元は多くの大学で教鞭を持ち、長い間教育畑を歩んで来た方。最近の著書に大変興味深い仮説を著している。
師弟の間は近すぎては良くない。近くても三尺の隔たりが必要だと。この「三尺」を年齢に換算したらどのくらいになるかと考えたと。結論は、教師と生徒の年齢は20年くらいはなれているのがよく、かと言って離れすぎてもよろしくないとだろうと。40年ぐらいか。生徒が10歳なら、30歳から50歳くらいまで。
医療の世界でも、余りに若い医師だと頼りなく感じさせる事はよく聞く。また余りにベテランになると、不安感も募る。
これは、人間が子供をもうける年代とほぼ合致する。生徒の事を教え〝子〟と言うのは偶然ではないと。妙に納得。
[PR]

by kiwatinker | 2016-12-07 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line