社会的価値

もちろんスポーツの社会的価値。現役時代は誰もが、個人的価値に比重が高く、その重きも高い。指導者や役員にもなれば、現役時代とはまた違った角度からの見方も必要に。昨日の基調講演、東京2020に向けて、パラリンピアンも、障害者スポーツの理解と普及のため、活動していると熱く語る。
最底辺で言えば、小中連携や、スポーツ人口の拡大であったり、生涯スポーツへの入り口であり、しいては、健康寿命へと。そんな幅広く、息の長い社会的な価値に結びつく活動があってこそ、スポーツや運動の良さをアピールできるのだが、なぜか目先の損得、役立つか否かに拘る者。視野を広げる、優しいようで、なかなか‥。
[PR]

by kiwatinker | 2016-12-05 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line