手帳

 11月も半ばとなり、本屋さんに足を運び新しい年の手帳を購入しようと。そんなところ、日体協の情報誌と一緒に「スポーツ指導者手帳」が手元に。実際に使用するかどうかは個人の好みにもよろうが、1ヶ月見開きと、週間別にスケジュール管理できるところまではビジネス手帳とほぼ変わらないのだが、1ヶ月見開きは土曜・日曜のスペースが大きくなっているところが、ビジネスタイプと違い気が利いている。年間を通じて週末には大小さまざまな大会、競技、そして研修会も多く、日体協資格保有者にとっては書き込む量も多いはず。
 そして手帳の後半には、日体協が主催・主管する全国大会の日程が並び、競技団体の役員にとっては便利かも。そして日体協スポーツ憲章に始まり、多くの規約・規定が続く。小さい文字で老眼の身にとってはやや文字が小さすぎか(苦笑)スポーツ少年団指導者にとってはあまり目を通すわけではないと思うが、パラパラとめくりながら目に止まったのが、”指導者処分基準”小さい文字でぎっしり7ページにも及ぶ。時代を反映してのものだろうか?
[PR]

by kiwatinker | 2016-11-15 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line