きのくに県民カレッジ表彰式

 練習に参加するごとに、黄色のノートにシールを貼り、1冊100枚になれば表彰して頂ける和歌山県教育委員会の制度。今年も「きのくに県民カレッジ」表彰式にティンカーベルズの選手からは、6人が対象となり出席。引率の保護者の方も2人同席して頂く。県教委主催で行われ、県立図書館で開催される表彰式だが、5年間以上の複数の受賞者がいるにも関わらず、市教委からの協力を得られず、今年ようやく市の公用車での、送迎が実現。選手達も学校以外の公的な表彰式への参加は貴重な体験。市教委もたくさんある事業のひとつだろうが、やっと興味を持って重い腰が上がった。
 外野から叫んでいてもなかなか届かないことも、組織の中に入り込んで、キーパーソンに働きかければ行政流、平等の”正論”だから通じることのひとつかも。
[PR]

by kiwatinker | 2016-11-12 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line