一貫性バイアス

 唐突な質問で恐縮だが、「アガサ・クリスティは生涯に何冊の長編小説を書いたか?」こんな問いに対しある大学の授業の学生の回答の平均値は”51冊”だったとか。実際は66冊らしい。そこでしばらく時が経ってから、同じ学生たちに正解の66冊を伝えたうえで「あの時、あなたは何冊だと推定しましたか?」と再質問。回答の平均値は何と63冊に増加。
 「テストでは正解しなかったけど、それでも正解に近い回答をしていた」とばかり記憶が都合よく書き換わるとのこと。脳は自分が非定常で不安定な存在であることを嫌うらしい。趣味や習慣、ひいきのチームや歌手、技能や思考パターン、自分は以前から一貫していて変わらないと過去を歪めて自分像を想起する・・・これを「一貫性バイアス」
 以上は脳研究家の池谷裕二氏の著書から。
 そう言われてみれば、国会中継や東京都議会ライブなど質問者や答弁側も「一貫性バイアス」と思わせる発言にも聞こえてくる。
[PR]

by kiwatinker | 2016-10-09 05:00 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line