作者不詳

何を言うかは、どういうふうに言うかほど重要ではない。
どういう言葉を使うかは、どんな調子で伝えるかほど重要ではない。
「ここにこい!」と厳しく言うと、子どもは縮こまり涙を流す。
「こっちにおいで」と言うと、彼はこっち見て微笑む。そっと歩いて膝にまっすぐやって来る
言葉は穏やかに発することができる。
しかし口調によっては矢のように突き刺すこともできる。
夏の陽気のように柔らかく言うこともできる。
激しい口調は心を打ち砕くこともできる。
心から発せられた言葉は、練られた芸術的のように成長させる。
しかし自我の内側から発せられた激しい口調は心の状況を映し出す。
あなたが理解してるかどうかにかかわらず、あなたがそう思っていったかどうかにかかわらず、
寛大さ、優しさ、愛、そして憎しみ、ねたみ、怒りがそこにある。
口論を避けようとするとき、心の平和と愛の喜びがあるだろうか?怒りを言葉からなくすだけでなく、あなたの声からもなくしたい。

coaching &playing volleyballより
[PR]

by kiwatinker | 2015-01-18 04:56 | 一粒百行
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line