母校

 近畿高校バレーの組み合わせが決まった。女子の組み合わせも気になるところだが、今日は男子バレーの話題。
 開催地が和歌山でもあるため、出場枠が8校に。そのひとつに母校が滑り込み。地元では男子小学生バレー経験者はおらず、結果、中学校の男バレ部活は絶無。ほとんどが高校入学後から始める者ばかり。実は一昨年前には、自然体バレー塾にも一度だけだが参加しており、塾頭も高校生らしいさわやかな印象を語って下さった。バレー塾に参加した高校生たちが、きっと中心選手になっているはず。
 県立普通校のため、3年生が秋の春高予選に出場することはほとんどなく、この近畿大会を持って高校生の部活を終了。直後から大学受験を目指す。3年生にとっては残り1ヶ月を切った高校部活。県内最大の体育館で良い想い出の1ページを!
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-25 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

最速男

 8月に開催される世界陸上の代表選考を兼ねている日本選手権が昨日から大阪で開催。
 今年は男子100m走が俄然注目を浴びている。すでに10秒ゼロコンマ一桁のランナーが5人。そして追い風参考ながら、ついに9秒台の大学生が現われた。日本人に長年にわたり到底無理と言われた9秒台が目前。
 本日の夜、男子決勝100mが行われ、日本最速男が決定に。ナンバー1と9秒台が一度に出れば拍手喝采だろうが、専門家はもし9秒台が出るのなら準決勝だろうとも。なぜなら、決勝進出者はやはりナンバー1を目指して緊張するのは仕方ないことと、それより準決勝は決勝への体力温存も併せて、決勝よりもリラックスできるためだとか。いかに力を入れずに全身リラックスした走りに徹せるか否かによって記録に関わってくる。
 目一杯リキムことが良しとする球技系とは対極の発想。どちらにしても今夜8時38分、TVの前に座っていたい(笑)
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-24 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

28連勝

今さら言うに及ばず、トップニュースで扱われるほどの過熱。弱冠14歳の中学生、今後まだまだ伸びしろが広がる期待。羽生三冠が現れた時以上かも。
一方、多感の頃の中学生。学校に戻れば、必ずしも居心地がいいとは限らないのでは。嫉妬、ねたみ、ジェラシーと“出る杭は打たれる”の古事どおりの周囲の心理が。
そんな雑音も消してしまうほどの頂を目指して、昭和の天才が引退した後の、平成の天才が棋界を引っ張ってくれることだろう。

[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-23 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

夏休み

 あと1ヶ月もすれば夏休み。夏休み期間と言えば、小中学校なら約40日ぐらいだったような記憶だが、今はどんどん短縮化。
 静岡県吉田町ではついに来年から「最短10日間」だとか。大きな理由として教員の長時間労働。まさにブラック企業化しつつあるのを、1日の労働時間を短縮し、授業日数の確保のために夏休みを減らす方向へ。当然、反対に回るのが、案の定、小中学生のスポーツ関係者。大会・練習と年間事業の見直しに迫られることに。
 我が街の例では、夏休み中、小学校では午前中を中心に地域の人々も巻き込み、多様な文化活動や運動を学校内で行っている。保護者が早朝より働きに出る現状では、小学生の子ども達だけを家に残しておくのは不安感もあり、規則正しく起床し活動することで、子ども達の生活習慣にも良いそうな。
 少子化、スポ少離れ、長時間練習、過密スケジュールな大会、そしてスポーツ障害の増加も熟慮すれば、子ども達にとって何がベターか見えてくるような気が。
 どちらにしても学校生活もスポーツ活動も、教育委員会管轄。学校教育と生涯教育を一括にしたグランドデザインが描ければスムーズに解決すると思われるが。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-22 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

女の気持ち

 新聞購読者の女性からの投稿欄。
 子供が学生スポーツに興じている時間は、過ぎてしまえばアッと言う間。
f0097677_8133377.jpg

[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-21 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

スタミナ切れ

 高校総体の各種目の代表校もほぼ決まったのでは。夏の高校野球の予選も沖縄からスタート。7月に入れば、全国で球音が鳴り響く。また中体連も7月中旬ぐらいから佳境。試合の結果に悲喜こもごも、青春のドラマの1ページ。
 この暑くなっていく時期、ボール種目で応援者の敗因の話題に取り上げられたり、酒の肴にされるのが、“スタミナ切れ”。そして解消のトレーニングに直結するのが、長距離ランニング?!
 確かにマラソン練習や健康維持のためなら、長距離走でも分からなくはないが、野球のピッチャーやバレーボールのアタッカーが必要とするスタミナとは?一球を投げる筋肉の瞬発力が、一試合或いは数試合投げ切るだけの最大に近い筋力を反復するだけのスタミナが必要に。バレーボールもしかり。思いっきりジャンプを繰り返すだけの脚の筋力。心肺機能のスタミナが。
 よって、そんな筋出力に似たトレーニングのひとつが、20mから30mのダッシュを連続して行う。本当に全力疾走できるかどうかがポイント。
 しかしながら、スタミナ切れもあくまでたくさんある敗因の中の、ほんのひとつの要因。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-20 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

20年目

他人性双生児の母校、九州の高校女子バレーボール界を牽引して来たが、高校総体の県予選5セットのフルセット、それもデュースで惜敗。20年連続出場が途絶えた瞬間に。
一年に3回の全国大会は、出場して当然の高校。2年前のわかやま国体の年には、二冠を達成したが、これも時の流れ。苦しみのどん底だろうが、夏には国体予選そして秋には始まる春高予選だは、新生された娘達の母校に期待と注目。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-19 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

4強

大阪女子バレーボールの強豪校絵のビッグ3は、つとに有名。4強目指して数校がしのぎ会う状態がここ数年。その一枠に滑り込み4強によるリーグ線へ。全国制覇の実績持つ古豪から1セット目を先取する大健闘。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-18 05:41 | 一粒百行 | Comments(0)

2勝!?

 インターハイへの代表校が各種目とも出揃い始めている。末娘の通う大阪府のバレーボールも今週末が最終。男女ともベスト8が残り、ベスト4になれば後はリーグ戦。女子は出場枠2校のため、実質あと2勝すれば全国切符が。言うは易しされど。・・・である。
 テストで30点から70点までなら、的を得た勉強方法でぐっと伸びることに。70点から90点はそれ以上に困難だろうが、まして100点満点にしようと思えば、ありとあらゆる問題が出題されることを想定する必要に。
 バレーボールも同じだろうか。まして勉強もスポーツも全国レベルになればなるほど、益々上には上の存在が常。先ずは日頃の練習の力量が出せれば。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-17 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)

会長解任

 日本バレーボール協会会長が評議員会で解任。草の根で関わるものとしては、あまりに上部組織過ぎてよく理解できないところだが、選手・指導者なら全てのカテゴリーが登録しなければならない「JVA-MRS」の会費が、組織運営のための収入源の一部に。
 今回の会長解任、小学生バレーボールにも全く関わりのないことではなく、2年前には日本小学生バレーボール連盟の会長として承認されていたのだが、上部組織の会長に選出されたために兼務はできないとのことで、今に至っている。
 協会会長1期2年。3期連続で会長が解任・辞任を繰り返す異常事態。東京オリパラまで3年となっているが、組織基盤が脆弱、リーダーが定まらず周囲からも不安視?
 それにしても“一強”過ぎると驕りと言われ、目まぐるしい交替は権力闘争に見られ、どちらにしても興味深い。
[PR]

# by kiwatinker | 2017-06-16 05:00 | 一粒百行 | Comments(0)
line

紀和ティンカーベルズ


by kiwatinker
line